事業分野

ノイラミニダーゼ(シアリダーゼ)Neuraminidase [Sialidase] Acylneuraminyl Hydrolase [ EC 3.2.1.18 ]

起源

Arthrobacter ureafaciens

反応

Sialyl compound → Sialic acid + Asialocompound

形状

凍結乾燥物

比活性

80 units/mg以上(タンパク質1 mg当りの国際単位)

単位の定義

基質としてN-Acetylneuraminyllactose(NANA-lactose)を使用し、pH5.0、37℃において1分間に1μmolのN-Acetylneuraminic acid (NANA)を生成するに要する酵素量を1 unitとする。

保存方法

5℃以下で保存すれば、12ヶ月間活性の低下は殆ど認められない。なお、凍結保存(-20℃)すれば、長期間安定に保存できる。

夾雑酵素

下記の酵素類の混在は全く認められない。※1

Protease
N-Acetylneuraminic acid aldolase
Glycosidase類

α-Glucosidase β-Glucosidase α-Galactosidase
β-Galactosidase α-Mannosidase α-Fucosidase
N-Acetyl-α-glucosaminidase N-Acetyl-β-glucosaminidase
N-Acetyl-α-galactosaminidase N-Acetyl-β-galactosaminidase
N-Acetyl-α-mannosaminidase N-Acetyl-β-mannosaminidase

一般的性質 ※2-※3

4種のアイソザイム (L, M1, M2, S)から構成されている。

分子量 L (88,000 Da)、M1, M2 (66,000 Da)、S (52,000 Da)
[ゲルろ過法およびSDS-PAGE法]
至適pH 4.5~5.5(基質:NANA-lactose)
pH安定性 4.5~9.5
熱安定性 60℃以下 (pH5.0, 20 min)
基質特異性 シアル酸のα(2→3)結合、α(2→6)結合及びα(2→8)結合のいずれも切断する。その他、活性化にCaイオンを必要とせず、p-chloromercuribenzoate、Hgイオン等のSH阻害剤やCaイオンによっても顕著な阻害は受けない。

活性測定法

標準反応条件は、基質〔NAN-lactose溶液(4 mg/ml)〕 50μl、0.2 M酢酸緩衝液 (pH5.0) 50μl、酵素液100μlからなる反応液を37℃にて10分間反応し、遊離されるNANAをTBA法※4で定量する。基質としてNAN-lactoseのほかに牛顎下線ムチン(Bovine submaxillary mucin)、コロミン酸等も使用されるが、本酵素標品の活性の表示はNAN-lactoseを基質に使用した場合のunitで示してある。なお、酵素の希釈液は、0.1% Bovine serum albumin溶液を使用する。

文献

  1. ※1. Y. Uchida, Y. Tsukada and T. Sugimori, J. Biochem., 82, 1425 (1977)
  2. ※2. Y. Uchida, Y. Tsukada and T. Sugimori, J. Biochem., 86, 1573 (1979)
  3. ※3. Y. Ohta, Y. Tsukada and T. Sugimori, J. Biochem., 106, 1086 (1989)
  4. ※4. L. Warren, J. Biol. Chem., 234, 1971 (1959)

包装単位

1 unit, 5 units

Pickup Contents
バイオケミカル分野
保護アミノ酸及びペプチド合成分野
光学活性化合物の合成分野
有機合成分野
受託合成分野
臨床検査薬分野